講座
鑑定
店長ブログ
お買い物
お問い合わせ・申し込み方法
バーチャル占い店舗☆下北トナカイの店舗について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学がおもしろいのはなぜなのか?1

算命学飛脚便テキスト担当の
天海玉紀先生が
9月17日(月)に下北沢で算命学入門講座を開講
いたします。
詳しくは こちら★をご覧ください。

∞∞∞∞∞∞∞

私、西洋占術系はけっこう受けてるといると思います。
占星術やタロット、ルーンで見てもらったこともあるし、占術じゃないけどヒプノやフラワーエッセンスも経験済み。

一方、東洋占術系って
中野トナカイに入るまでに見てもらったことがあるのは、手相と人相くらいしかありませんでした。
しかも、見てもらったとはいっても
学生時代にバイトしていたデパートに出入りしていた骨董屋さんが
手相を見る方で、そのおじさんにお昼ご飯を食べながら見てもらった程度です。

西洋占術系に比べ、東洋占術系はちょっと怖い。というのが、私の個人的な思いだったからです。
馴染みが薄かったのだと思います。
そして、今から20年以上前の占い師さんは
おじさん、おばさん率がハンパなく高かったから
説教されてる感も強かった。
青い私は、もうそれだけで反発しまくりで
話も耳に入ってこないこともあったなぁ。
と今になると思います。

そんな私の頑なさを、あっさりと打ち砕いたのは
中野トナカイにいる武者江梨先生でした。
天海玉紀先生の先生です。

トナカイオープン年の年末に、鑑定祭りをしたのですが
その時、始めて会った武者先生は
可愛らしい容姿に似合わず、笑顔で厳しい言葉をバシバシと言ってくれまして
鑑定してもらったあと、へとへとになった記憶があります。

でも、不思議な爽快感があり、すごくおもしろかったんです。

(以下、次号に続く)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。