講座
鑑定
店長ブログ
お買い物
お問い合わせ・申し込み方法
バーチャル占い店舗☆下北トナカイの店舗について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本に書いてあることだけではありません

質問をいただきました。

サインを多角的にみたのですが
さらに混乱してしまいました。
本に書いてあることを参考にしたのですが
当てはまらない人も出てきます。
どうしたらよろしいでしょうか?

もっと細かいことも書いてくださいましたが
要約するとこのような感じになります。

本に書いてあることは、正しいですが
このようにしか読んでいけないというわけではありません。
基本的にこのような傾向が多く見られます。
と理解していきましょう。

天王星は
改革とかぶっ壊していくなどの意味があります。
でも、ぶっ壊していくで理解が止まっていると
その先にある「変革」にまで意識は飛びません。

たとえば
月と天王星が180度の方がいたとしましょう。
本に書いてあることを引用しますと
一般生活において、非常識な言動をしてしまいがち
となりますが、それだけでしょうか?

確かに非常識な言動は多いかもしれません。
でも、その言動があったからなにか新しいことがその人の周りで起こっている。
となるかもしれません。
月は母親も表わしますから、その人のお母さんは
ちょっとぶっ飛んでいるのかもしれません。
一筋縄ではいかないお母様をお持ちで大変ですね。
そういう読み方もできます。

大変かどうかは、月天王星180度の人の考え方次第ですから
自分の考え方が、必ずしも相手に響くとは限りません。
ちょっとぶっ飛んでるくらいじゃないと物足りないと感じているかもしれませんから
一般的なことをいっても、聞く耳をもってくれないかもしれない。
そんなときにどうすればいいのか?
それは経験が必要になってきますので、ここでは書けませんがこれだけは言えます。
基本の意味に忠実であることは必要ですが
こうじゃなくちゃダメという読み方はないんです。

このように書いている私の文字に賛同してくれる方もいるかもしれませんが
絶対にダメと思っている方も必ずいます。
人間の考え方はそれぞれです。

そろばんってありますよね。
パチパチと玉をはじいて計算する。
慣れるまでは、目の前にある玉を凝視し
計算していくから、気持ちに余裕はありません。
でも、練習して扱いに慣れてくると
エアーそろばんが脳内に現れます。
それをはじくと計算が出来るようになる。
それが暗算です。

目の前の玉を必死にはじいている状態で
確実な暗算はできません。
1ケタとか2ケタなら出来るかもしれないけど
それが4ケタ、5ケタになったらお手上げになります。

私も経験があったのでわかりますが
玉をはじくのに必死な状態なのに
5ケタの暗算をしようとするから混乱するんです。

まずは、基本に忠実を心がけてくださいね。
そうすると、ある日突然、個人差はあるけれど
エアーそろばん的な状況が目の前に現れます。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。